人のいる環境を安全で快適に。間仕切専門メーカーが創造する、快適で機能的な空間作りをご提案いたします。

目的から探す

solution

目的から探す

防音・遮音 音の対策

音には、空気振動で伝わってくる音と、固体を伝わってくる音の二種類があります。
防音の基本
吸音:その部屋で発生した音の反響を小さくするように吸音材(音を吸い込む材料)を、壁や天井の表面に貼ります。
遮音:外部からの音を遮断したり、内部の音を外にもらさないように壁、ドア等に遮音材を用います。
音はまっすぐに進み、空気を振動して伝わります。そして、わずかな隙間からでも伝わっていきます。
質量の重たい材料ほど、空気振動で伝わる音をよく遮断します。
ドアにできる音対策
防音ドア。(ドア下部はボトムタイト仕様等)
壁に施す遮音・吸音対策
グラスウール等の繊維系材料が、音の伝わろうとするエネルギーをしっかり吸収します。
窓ガラスに施す防音対策
防音合わせガラスは2枚以上のガラスで特殊中間膜を挟んだ合わせガラスです。
image image

グラスウールの吸音効果
グラスウールは、繊維系断熱材です。グラスウール断熱材は、低音域から高音域まで幅広い吸音特性を発揮します。
防音合わせガラス
2枚のガラスの間に防音中間膜を挟んだ合わせガラス。サッシの見込みが大きく取れない場合におすすめです。騒音によって起こる振動を熱に置き換え、音の波を消滅させる原理を用いたガラス。これにより、音域全体を高度な遮音性能でカバーします。さらに、サッシとの併用により、一重窓でも優れた防音性能を発揮します。

 

工場騒音

 作業員の環境改善、第3管理区分の防音対策。|FHS-50

音対策

作業員の環境改善の一環で第3管理区分に従い機械音を現状90db以上の透過損失から70dbまで下げるファクトリーブースの防音対策
●パネルの内側に化粧ロックウール吸音材を貼る工法をご提案。既存の防音措置を施した壁よりも低コストで遮音効果もアップ!さらに工期の短縮もできました。

 

話し声

 会議室の音漏れ対策、ドアも重要です。|AWD 防音ドア

会議室 防音対策

●会議の音が筒抜けるのは困る
●意匠性も重要!オフィスの統一感を出したい!
●リフォームなのであまり時間がない・・・
そんなお客様のご要望にお応えする弊社の防音ドア。壁を造作壁LGSで作成し、ドアはSDよりも短納期のAWDで施工。
音漏れ防止
ドア内部部屋内側に遮音シート2枚貼り、下部はボトムタイト仕様。
意匠性
表面にダイノックシートを貼ることで、高級感を演出しました。

音対策 ドア下部 ボトムタイト仕様
ドアを閉めるとプッシュされ、ボトムゴムが下りて床との隙間がなくなります。(通常、ドアと床の隙間は10~12mm)
 

遮音と吸音

 遮音性と吸音性能に優れたパーティション|スチールパーティションSW

多機能スチールパーティション

不燃性、遮音性、耐震性はもちろん、吸音性や断熱性をプラスした
スチールパーティションです。
表裏分割パネルによる中空二重構造。
パネル見込み厚80mm(中空部53mm)
不燃性能/国土交通大臣認定 不燃材料 NM-3212
製造元:コマニー(株)

image

ソシアパーティションの特設サイトで製品の紹介・カタログやCADデータのダウンロードを公開しています。 ※イプロスサイトに移ります。

image

音対策のより詳しい情報は、イプロスのサイトで掲載しております。
ぜひ御覧下さい。

  • image
  • image