ソシアパーティションがご提案。間仕切でできる法令対策|建築基準法、消防検査、受動喫煙防止条例、介護医療院などご紹介。

目的から探す

purpose

目的から探す

法令対策

建築基準法/消防検査

建築基準法施行令の一部を改正

建築技術に関する研究開発の進展や技術的知見の蓄積を踏まえ、防火・避難関係規定の合理化等を行った「建築基準法施行令の一部を改正する政令」が、2019年12月、閣議決定されました。
改正概要
1.防火・避難関係規定の合理化
・窓その他の開口部を有しない居室の範囲の合理化
・敷地内に設けるべき通路の幅員の合理化   等防火・避難関係規定の改正を行う。
2.遊戯施設の客室部分に係る構造基準の具体化
施行:令和2年4月1日 ※詳しくは、国土交通省HPをご確認ください。

避難安全検証法

避難安全検証法とは
2000年6月の建築基準法の改正に伴い、建築物の避難安全に関して従来の仕様規定に、新たに性能規定が追加されました。新たに導入された従来の性能規定を選択して行う方法が「避難安全検証法」です。
「避難安全性能」が確認できれば、建築基準法の避難関係規定(排煙口や防煙垂壁などの排煙設備等)の一部を適用除外することができ、工事費や管理費の削減が可能。それに併せて、外観や内装の制限が緩和されるため、設計プランの自由度が高まるといったメリットがあります。

防火戸(避難安全検証法に対応)

耐火仕様

意匠性を損なわずに、防火設備のコストを抑えたい!
ソシアパーティションがご提案する「防火ドア」は、避難関係既定の一部を適用除外(または緩和)することができるので、排煙設備の省略や防煙垂れ壁を小さくするなど、建築コストの削減が可能です。
遮炎性能の国土交通大臣認定を取得したものに遮煙性能をあわせ持つ避難安全検証法対応の扉です。

防火区画

防火区画とは、建築基準法施行令第112条に定められた区画。
火災時に急激に燃え広がることを防ぐための区画となります。

防火区画に適応した耐火(1時間)仕様のスチールパーティション(パネル見込厚80㍉)耐火性能

高層ビル内に入居されている学校様にて大教室エリアを複数の教室にパーティションで区分けしたいとのご要望から防火区画内に適応したスチールパーティション(耐火1時間の認定を取得)の納入事例をご紹介します。
耐火間仕切を設置する際に通常はスラブ間に立てて行きますが、間仕切設置場所の天井裏に耐火壁を作ることで標準仕様のパーティションと同様にレイアウト変更にも柔軟に対応できるよう配慮しています。
  • 防火区画適応

    表面パネルの内部は耐火性能を有する繊維強化セメント板で作られたスタッドや横桟で構成されています。

  • 防火区画適応 耐火性能

    国土交通大臣認定 間仕切壁(非耐力壁)1時間
    FP060NP-0315

耐火断熱パネル(防火区画にクリーンルーム)

耐火断熱パネル

耐火断熱パネル不燃材料認定品 (耐熱性能:100℃程度)
より厳しい基準で「耐火構造」認定を取得。
・芯材のロックウールと鋼板がしっかり密着したサンドイッチ構造。高い強度を発揮します。※天井スラブまで1枚で立ちます。
弊社季刊誌「TOKI vol.27」では、建物の防火区画にクリーンルームを設置した事例をパネル搬入から完成までご紹介しております。

  • 耐火パネル

    パネル建込

  • 耐火パネル

    耐火断熱パネル建込後

  • 耐火パネル

    防火区画(内側)

内装制限

内装制限とは
火災の際にフラッシュオーバーまでの時間を遅らせ、火災の拡大を防ぎ、避難・消火活動を円滑に進めるための天井と壁(床から1200mm以上の部分)に対する基準です。
建物の用途を事務所とした場合
11階(31M) 以上は不燃材料
11階(31M)未満は難燃材料以上
が要求されます。
ソシアパーティションではお客様の安全第一に不燃材をおすすめします。

ソシアパーティションのアルミ間仕切AHSなら不燃仕様も標準在庫で対応できます。

アルミ間仕切 不燃仕様

軽量で、施工性・機能性・納期対応力と、コストパフォーマンスに優れたアルミパーティションです。
アルミパーティション ハイソシア(AHS)不燃
国土交通大臣認定 不燃材料 NM-4115
標準在庫扱いで対応いたします

カラーパネルも不燃認定品で対応可能です。

不燃認定

豊富なカラーパネルバリエーションで個性的な空間を
利便性そのままに、豊富なパネルカラーバリエーションで、思い通りのイメージを演出するアルミパーティションです。
さらに、パネルは不燃材料の個別認定を受けていますので、制限の適用を受ける場所でもご使用いただけます。

  • image
  • image