法令対策:ソシアパーティション|「仕事はまごころ。技術は信頼」をコンセプトに間仕切を専門に半世紀。お役立ち情報をご紹介します。

目的から探す

solution

目的から探す

法令対策

建築基準法施行令の一部を改正

建築技術に関する研究開発の進展や技術的知見の蓄積を踏まえ、防火・避難関係規定の合理化等を行った「建築基準法施行令の一部を改正する政令」が、2019年12月、閣議決定されました。
改正概要
1.防火・避難関係規定の合理化
・窓その他の開口部を有しない居室の範囲の合理化
・敷地内に設けるべき通路の幅員の合理化   等防火・避難関係規定の改正を行う。
2.遊戯施設の客室部分に係る構造基準の具体化
施行:令和2年4月1日 ※詳しくは、国土交通省HPをご確認ください。

避難安全検証法

避難安全検証法とは
2000年6月の建築基準法の改正に伴い、建築物の避難安全に関して従来の仕様規定に、新たに性能規定が追加されました。新たに導入された従来の性能規定を選択して行う方法が「避難安全検証法」です。
「避難安全性能」が確認できれば、建築基準法の避難関係規定(排煙口や防煙垂壁などの排煙設備等)の一部を適用除外することができ、工事費や管理費の削減が可能。それに併せて、外観や内装の制限が緩和されるため、設計プランの自由度が高まるといったメリットがあります。

建築基準法

特定天井

特殊施工

平成26年に施行された「建築基準法施行令」の新告知により居室・廊下等、人が立ち入る場所において、天井高が6mを越え、かつ面積が200㎡を越えている吊り天井は、国の定める安全基準に適合しなければなりません。
弊社では、ソシアDNP耐震天井ERシステムにより断熱パネルでの特定天井対応の施工が可能です。

防火戸(避難安全検証法に対応)

耐火仕様

意匠性を損なわずに、防火設備のコストを抑えたい!
ソシアパーティションがご提案する「防火ドア」は、避難関係既定の一部を適用除外(または緩和)することができるので、排煙設備の省略や防煙垂れ壁を小さくするなど、建築コストの削減が可能です。
遮炎性能の国土交通大臣認定を取得したものに遮煙性能をあわせ持つ避難安全検証法対応の扉です。

耐火断熱パネル(防火区画にクリーンルーム)

耐火断熱パネル

耐火断熱パネル不燃材料認定品 (耐熱性能:100℃程度)
より厳しい基準で「耐火構造」認定を取得。
・芯材のロックウールと鋼板がしっかり密着したサンドイッチ構造。高い強度を発揮します。※天井スラブまで1枚で立ちます。
弊社季刊誌「TOKI vol.27」では、建物の防火区画にクリーンルームを設置した事例をパネル搬入から完成までご紹介しております。

  • 耐火パネル

    パネル建込

  • 耐火パネル

    耐火断熱パネル建込後

  • 耐火パネル

    防火区画(内側)

image

法令対策のより詳しい情報は、イプロスのサイトで掲載しております。
ぜひ御覧下さい。

  • image
  • image